生計条件とは

生計条件とは、

日本で生活できるだけの収入が自分又は自分以外の同居の家族にあるかどうか

ということです。

生計条件が免除される場合

下記に該当する場合には、生計条件が免除されます。

・日本人の子(養子を除く)で日本に住所を有する人
・日本人の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、縁組のときに本国で未成年であった人
・元日本人(日本に帰化した後、日本国籍を失った人を除く)で日本に住所を有する人。
・日本生まれで出生のときから無国籍で引き続き3年以上日本に住所を有する人
 

生計条件Q&A

Q 帰化申請をするには、貯金がないとダメですか?

A 貯金がない場合でも許可される可能性がありますので、一概には、いえません。貯金は、もちろんあるほうがよいのですが、貯金がないことだけをもって、不許可とする可能性は低いと思われます。

貯金よりも、「月々の収入によって生活できるかどうか」のほうが大きなウェイトを占めてるという印象です。

 

Q 前の仕事は、2年半続けたのですが、今の会社では、3ヶ月しか勤務していません。帰化できますでしょうか?

A  現在の会社での勤務期間が短い場合には、帰化した後の生活ができるかどうかが認められない可能性が高いと思われます。

 

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「帰化申請を依頼したい」「帰化申請について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋帰化申請サポートセンター(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回相談無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!