居住条件とは

帰化の条件の1つである居住条件は、

引き続き5年以上日本に住所を有すること

が必要です。

帰化申請をおこなうまでに、継続して5年以上日本に住所を有している必要があります。ただし、許可までの間も継続して日本に住所があることが必要となります。

ただし、この居住条件には、次の例外があります。

居住要件の例外

居住要件は、次の場合、 免除されています。

1.日本国民であった者の子(養子を除く。)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有するもの

2.日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所若しくは居所を有し、又はその父若しくは母(養父母を除く。)が日本で生まれたもの

3.引き続き10年以上日本に居所を有する者

4.日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、かつ、現に日本に住所を有するもの

5.日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ、引き続き1年以上日本に住所を有するもの

6.日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの

7.日本国民の養子で引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であったもの

8.日本の国籍を失った者(日本に帰化した後日本の国籍を失った者を除く。)で日本に住所を有するもの

9.日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でそのときから引き続き3年以上日本に住所を有するもの

居住条件Q&A

Q 現在、岡崎市に住んでいますが、帰化できますか?

A 帰化手続きにあたって、お住まいの地域によって許可・不許可を判断されるわけではありませんので、岡崎市だから不許可となることはありません。あくまで、帰化の要件を満たしているかどうかがポイントとなります。

Q 留学で日本に来てから5年以上経過しています。帰化できますか?

A 留学の期間については、基本的に居住要件の年数にはカウントされない可能性が高いです。留学ビザ等は、一時的に日本に滞在する目的で発行されるものだからです。ただし、法務局によって異なる場合がありますので、個別的な判断が必要となるかと思われます。

 

 

電話でのお問合せ・相談はこちらから(初回無料です)
052-528-1507
(受付時間:月〜土曜日の9時〜20時)

お電話いただくと「ありがとうございます、フレックス行政書士事務所です。」と出ますので、「帰化申請を依頼したい」「帰化申請について相談したい」などご用件をお願いします。

名古屋帰化申請サポートセンター(フレックス行政書士事務所運営)
〒451-0016 愛知県名古屋市西区庄内通4-12 あさひビル4C
お客様専用安心ダイヤル
TEL:052-528-1507 
FAX:052-528-1508
受付時間:月〜土 9時〜20時(初回相談無料)
メールでのお問合せ:info@taka-office.com

※お電話いただく際にご注意ください。
  • お名前を必ずお願いします。
  • 書類の書き方についてのご相談はお受けしておりません。書類の書き方に関してご不明な場合は、左のリンクから提出先の役所へ確認をお願いします。
※行政書士には、お客様からお聞きしたことを誰にも漏らさない義務(守秘義務)が法律で定められていますのでご安心ください!